鶴林寺の概要

  • 正式名称: 霊鷲山 宝珠院 鶴林寺(りょうじゅざん ほうしゅいん かくりんじ)
  • 所在地: 徳島県勝浦郡勝浦町生名鷲ヶ尾14
  • 宗派: 高野山真言宗
  • 本尊: 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
  • 開基: 伝承によると弘法大師(空海)
  • 創建: 大同年間(806-810年)

主な見どころ

  • 本堂: 本尊である地蔵菩薩を拝観できます。
  • 大師堂: 弘法大師(空海)を祀る堂があります。
  • 仁王門: 立派な仁王門があり、参道を進むと荘厳な雰囲気を感じます。
  • 境内の自然: 鶴林寺は山の中腹に位置し、自然に囲まれた静かな環境です。

アクセス

  • 最寄り駅: JR牟岐線「勝浦駅」から車で約30分。
  • : 徳島自動車道「徳島IC」から国道55号線を経由して約60分。

鶴林寺周辺の観光スポット

  • 勝浦町: 自然豊かな地域で、温泉やハイキングコースなどの観光スポットがあります。

特別な行事

  • お遍路開始の儀式: 鶴林寺でも四国八十八箇所巡りの出発を祝う特別な行事が行われます。
  • 年中行事: 節分やお彼岸の法要など、四季折々にさまざまな行事が行われています。

その他の情報

  • 駐車場: 境内に無料の駐車場があります。参拝者は車でのアクセスが便利です。
  • 御朱印: 参拝者は本堂や大師堂で御朱印をいただくことができます。

鶴林寺は、四国八十八箇所の巡礼者にとって重要な寺院であり、静かな環境の中で歴史と信仰を感じることができる場所です。多くの参拝者や観光客に親しまれています。