津照寺の概要

  • 正式名称: 宝珠山 真言院 津照寺(ほうしゅざん しんごんいん しんしょうじ)
  • 所在地: 高知県室戸市室津2652
  • 宗派: 真言宗豊山派
  • 本尊: 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)
  • 開基: 伝承によると弘法大師(空海)
  • 創建: 弘仁年間(810-824年)

主な見どころ

  • 本堂: 本尊である地蔵菩薩を安置しています。地蔵菩薩は、特に子供や亡者を救う菩薩として信仰されています。
  • 大師堂: 弘法大師(空海)を祀る堂があります。
  • 鐘楼: 境内には鐘楼があり、参拝者は自由に鐘を撞くことができます。
  • 山門: 風格のある山門が参道を飾ります。

アクセス

  • 最寄り駅: 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線「奈半利駅」からバスで約45分、「津照寺」下車、徒歩約5分。
  • : 高知市内から国道55号線を経由して約2時間30分。

津照寺周辺の観光スポット

  • 室津港: 近くには室津港があり、新鮮な海産物を楽しむことができます。
  • 室戸岬: 室戸岬の美しい景色を堪能できます。ジオパークとしても有名です。
  • 室戸岬灯台: 日本有数の高さを誇る灯台で、内部見学も可能です。

特別な行事

  • お遍路開始の儀式: 津照寺でも四国八十八箇所巡りの出発を祝う特別な行事が行われます。
  • 年中行事: 節分やお彼岸の法要など、四季折々に様々な行事が行われています。

その他の情報

  • 駐車場: 境内に無料の駐車場があります。車でのアクセスが便利です。
  • 御朱印: 参拝者は本堂や大師堂で御朱印をいただくことができます。

津照寺は、四国八十八箇所の札所の一つとして、古くから多くの巡礼者に親しまれてきました。静寂な境内で、地蔵菩薩のご利益を感じながら参拝することができます。