金剛頂寺の概要

  • 正式名称: 龍頭山 光明院 金剛頂寺(りゅうとうざん こうみょういん こんごうちょうじ)
  • 所在地: 高知県室戸市元乙523
  • 宗派: 真言宗豊山派
  • 本尊: 阿弥陀如来(あみだにょらい)
  • 開基: 伝承によると弘法大師(空海)
  • 創建: 不詳(平安時代)

主な見どころ

  • 本堂: 本尊である阿弥陀如来を安置しています。阿弥陀如来は極楽浄土に導く仏として信仰されています。
  • 大師堂: 弘法大師(空海)を祀る堂があります。
  • 仁王門: 立派な仁王門が参道を彩ります。
  • 展望台: 境内からは室戸岬の美しい景色を望むことができます。

アクセス

  • 最寄り駅: 土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線「奈半利駅」からバスで約60分、「金剛頂寺」下車、徒歩約10分。
  • : 高知市内から国道55号線を経由して約2時間30分。

金剛頂寺周辺の観光スポット

  • 室戸岬: 四国最東端の岬で、美しい海景が広がります。ジオパークとしても有名です。
  • 室戸岬灯台: 日本有数の高さを誇る灯台で、内部見学も可能です。
  • 最御崎寺自然公園: 周辺は自然豊かで、ハイキングコースも整備されています。

特別な行事

  • お遍路開始の儀式: 金剛頂寺でも四国八十八箇所巡りの出発を祝う特別な行事が行われます。
  • 年中行事: 節分やお彼岸の法要など、四季折々に様々な行事が行われています。

その他の情報

  • 駐車場: 境内に無料の駐車場があります。車でのアクセスが便利です。
  • 御朱印: 参拝者は本堂や大師堂で御朱印をいただくことができます。

金剛頂寺は、四国八十八箇所の札所の一つとして、多くの巡礼者や観光客に親しまれています。自然に囲まれた静寂な環境の中で、歴史と信仰を感じることができる寺院です。